空旅中国『空海のまわり道』

空旅中国『空海のまわり道』NHK BSで再放送があった。

日本語の発音が「奇妙」なので見る、ナレーターが誰か確かめてみた。

桐谷 健太という俳優のナレーションとのことであった。

空海の足跡は見たかったのだが。日本語の発音が気に触るので

観るのをのを諦めた。NHKは発音をチャンとチェックできる人材が

もう居なく成ってしまったのだろうか?

コロナ・ワクチンの副作用

本日のアメリカの知り合いの状態はかなり良くなった様子です。

1日だけの『痛み』で終わってくれた様です。

後は『13日後の様子見です』と書いていました。

2週間何も無ければ、ワクチンが機能している。

と認識している様です。

とにかく、ひどい『副作用』が出なくて良かった!

良かった!

最近のアメリカでの『コロナ・ワクチン』に関する報告

Tinderbox User Forumにてやり取りをして知った

最近の『コロナ・ワクチン』に関する報告です。

2度目のコロナ・ワクチンを接種したアメリカの知り合いの

報告によると『2回目のコロナ・ワクチン注射をしたところ、

深刻な「man cold」になってしまいました。』

悪寒がひどいらしい。

『本当にヤバいと思っています。』(I really do feel yucky.

『実際にコビットに罹患した方には申し訳ないけど。』

man cold https://www.youtube.com/watch?v=VbmbMSrsZVQ

こちらのYouTubeをリンクさせていました。

この映像と同じ様な、悪寒で悩ませれている様子です。

アプリの美しい起動画面はどこに?

Macアプリの美しい起動画面は無くなった?

BigSurに対応する為なのか?

Adobe Illustrator, PhotoShop, InDesign 2021の起動画面が

パターン化してつまらなくなっている。以前は起動時に

「この画面は何のメッセージを込めたのか?」と

好き嫌いは別として、見入ることもあった。が

2021バージョンでは「中性化?」又は、

コンピュータ命令言語の簡略化の為の処置?

と勘ぐってしまうほどのパターンの配置。

IntelliJ IDEAも同様で、今までの不思議な模様は

どこに行ってしまったのか?

クマバチ、活動を始める

クマバチが何時もの道路の上で『定点観測』を始めた。

行動としては「ナワバリ」の主張の為に道路上の決まった地点で

他の蜂を見張っているのだと思われる。

いつもより『一週間』ほど早い登場??

年々、クマバチの定点の場所が「狭く」なっているのが

気になる。200歩位は間が空いていたのだが、此処一年、

半分くらいの距離で定点観測地点が定まっている。

山桜も最後の美しい姿を見せてくれている。

時々、どこからともなく『花ビラ』が舞い落ちてくる。

鶯の割げいこ

桜も全国のあちらこちらで満開と言う便りを聞くこの頃だが、

23日前面白いことに気づかされたので書き記していく。

一週間ほど前から鶯の声を頻繁に聞ける様になったのだが、

最初は「ケキョ」「ホーッホ」「ホケキョ」と鳴き方を

勉強している様が聞き取れる。

 

但し此の進化も翌日に習得出来ている訳ではなさそうだが

「ケキョ ケキョ」と2日連続で同じ様な鳴き声のまま。

「ホーッホ」は、人間で言うところの

「息が続かない?」状態なのか?

散歩中に、此の鳴き声を真似しようと実行すると、

意外にも「息が切れて」鳴き声の真似にも成らない。

「ホケキョ ホケキョ」と連続で鳴く様にもなった。

最初は「ケキョ」とここにいる旨の発声に続いて

「ホーケキョ」これが今日のご挨拶の声。

「ホーッ ホケキョ」と言う人間が与えた『鶯の鳴き声』

迄には、未だ程遠い。

家の近くに住んでいる3羽の鶯は、お互いの縄張りを

上手に棲み分けている。

道路に出て、直ぐに鳴きかける鶯は「ホーケキョ」

そのまま高速道路沿いの道を1分も行くと

薮の後ろ側で「ケキョ ケキョ」。

散歩の戻りかけで鳴く鶯は「ケキョ」。

 

今朝は「ホーッ ケキョ ケキョ」

割稽古の賜物か?毎日の訓練、ご苦労さん!!

 

さて「ホーッ 」少し溜め込んで「ホケキョ」と続けて

鳴く日は、もうそこ迄、来ていているのかも?

懐かしい名前のアプリBloxom

HugoGitHubPageトライアルを実施していて

フッと頭を過ぎったのが「Bloxsom」と呼ばれる

Weblogアプリです。

未だ「サーバー」について知識もない頃に、自宅Mac

G3Blue&Whiteに自分用のサイトらしきものを

構築しては遊んでいました。記憶が正しければ

Apache」を使い新規に自分用の「site」フォルダーを

/Library/WebServer/CGI-Executables作成して実行。

普通の「テキストファイル」でブログ用の記事を作成する

と言う事が此のアプリに惹かれた要因だった様に思います。

Blosxomのデータディレクト/フォルダに保存し、

Apacheから呼び出すのに苦労したことまでは良く覚えています。

何分、説明されている内容の『単語』の意味を理解していない。

その時は「cgi」すら何の意味やら?判らなった。

唯、自分の手元でインターネット環境らしきものを

『手にしている』感覚が持てた嬉しさが他の苦労を帳消しに

してくれたので、楽しいひと時ではありました。

Blosxom (pronounced "blossom") と発音するのです。

とその時も説明されていたのを覚えています。此の名称が、

日本人として気に入った事だったかも知れません。